投資入門

DMM FXとマネックスFX PLUSのスマホアプリのチャートを比較

更新日:

【マネックスFX PLUS】と【DMM FX】のスマホアプリを比較しました。

比較して判ったのは、DMM FX のスマホアプリは、ニュース通知がすばらしいこと!

実際に使ってみて、「みのたけ」はマネックス FX PLUS と DMM FX を用途で使い分けて、両方使うことにしました。なぜそう思ったのか、どう使い分けるのか、最後に解説します。

2つのアプリで、チャートとレートの画面を比較します

※ブログ記載内容は、投資の推奨または勧誘を目的としたものではありません。※正確な情報をお伝えるるよう心がけていますが、記載内容を当ブログが保証するものではありません、取引の際は、必ずご 自身で取引内容を確認し、投資にあたっての最終判断はご自身でお願いします。

比較すると、2つのアプリはとても似ています。実用上の差は、ほとんどありません。

比較しようと思ったきっかけは、広告バナーの写真

DMM FX の広告、WEBページを見ていると沢山でてきませんか?

正直なところ「みのたけ」は良い印象ありませんでした。具体的には、有名な若い女性タレントを全面に出した広告に違和感があります。そもそも商品内容と全く関係ありません。また、世界的になジェンダーギャップの流れにも逆らう表現だと感じます。

ところが、ふと、スマホのチャート画面がメインビジュアルの広告があることに気が付きました。それが、この広告です。(口座申込WEBページにリンクしています)

DMM FX

チャート画面が広くて使いやすそう!

ぱっと見た感じの印象は、「画面に対してチャート表示エリアが大きい」でした。

日々のチャート確認では、短期間足のチャートを見ることが多くなります(取引は中長期なのであまり関係ないのですが)。そうなると、ローソク足は、縦長のほうが見やすいはずです。MACDが表示されていないのは「みのたけ」的には問題なので、そこを表示したらどうなるのか?

とても興味がわいたので、広告の事には目をつぶり、スマホアプリを試すことにしました。

比較のために、口座を開設

デモ取引でもアプリの比較はできそうでしたが、口座開設レポートがしたかったので、申し込みました。

後日追記:キャッシュバック、ちゃんと頂けました。「あたりまえ」のことですが、金額が大きいので怪しい話と勘違いする方もいると思います。その点は問題ありません。

DMM FXの口座開設は、とにかく早い

驚きました、【約4時間で口座開設】完了です。

深夜2時頃に申込完了しました。翌朝、メールを確認すると、口座開設のメールが6時頃、すごく早いです。

「みのたけ」は記入内容に1か所不備があったので、通常はもっと早いのではないかと思います。不備に対する対応はメールです。申込完了後、1時間も立たずに不備のあった箇所について確認のメールが届きました。メール内容がとても分かりやすかったので、すぐに返信できました。

【Good】スマートフォンだけで口座開設が完結【DMM FX】驚きました! これは文句なしに素晴らしいです。しかも深夜に申し込んだのに、1時間も立たずにレスポンスがありました。申し込み自体は、スマホでの写真撮影に手こずり(横を向いて顔写真を撮影する指示があるのですが、なかなかO.K.がでませんでした。撮影は何回繰り返しても大丈夫です)、30分程度です
【Bad】WEBページ記載「最短5分で入力完了」は可能?契約には6点、読む必要のあるPDFがあります。口座申込みは、PDFの内容を確認した後、確認した旨をチェックする必要があります。PDFを全て読んだ後にチェックを入力、個人情報等を入力、これを5分で完了するのは僕には無理です。※他の複数の証券会社でも類似表記を確認しました。改善するべきだと「みのたけ」は思います

スマホアプリのインストール手順

口座開設メール → 認証キー発行 → メール → 本人認証 → ログイン情報表示

WEB申込終了後の手続きの流れは、このようになっています。

それぞれの操作などは指示が明確なので、とても簡単です。

最後のログイン情報表示だけ、すこし分かりにくいかもしれません。

【ログイン情報表示】画面で、パスワードの右下に【PDFダウンロード】と書いてあるので、その文字をクリックします。

ダウンロードしたPDFの、【DMM FX を開設された方はこちら】欄にQRコードがります。それを、スマートフォンで読み取ります。

すると、Google Playのアプリダウンロード画面が表示されます。インストールすれば完了です。

【Good】アプリのデザインが、カッコいい!【DMM FX】全体に細い線を使った、フラットデザインです。シャープで都会的なデザインがカッコいいです。マネックスFX PLUSアプリは立体感があるデザインで、ちょっと古臭い

比較基準は「みのたけ」が気に入るか

【スマホアプリが「みのたけ」の投資スタイルに合うか】で判断します。

重要:あくまでも「みのたけ」が気に入るかが基準です。

「みのたけ」のFX投資スタイル

  1. 中長期投資、中レバレッジ、利益が出るまでひたすら待つ。
  2. 売買は、事前に決めたルールに従って、 隙間時間に完了したい

比較ポイント

  • MACDを表示した時の、チャート画面サイズ
  • 起動からレート画面までの、表示の速さ
  • レートの、数字の大きさ

今回の比較では、この要素は重視しない、もしくは同等なので比較対象外です。

  • スプレッド ←両社同じ
  • 手数料 ←使う銀行によりますが、「みのたけ」の場合は、両社同じ
  • 高機能PCソフト ←スマホで完結したいので、必要ない
  • カスタマーサポート ←滅多に使わないので、あれば、それで十分
  • ニュース配信 ←googleとメルマガで見るので無くてよい
  • 各社の開設済み口座数 ←投資に影響ないので
【Good】使ってみたら、ニュース配信が絶妙にイイ!【DMM FX】使用後の追記です。アプリ使用前は、必要ないと思っていました。しかし、実際のニュース配信はとてもよいです。【かなり大きな動きがあった時だけ】、アプリをインストールしているスマートフォンにニュース記事の見出しがポップアップします。1週間程度の期間で2通のみ。どうでもいいニュースや広告は一切なし。これなら邪魔にはならないし、速報を見れて、単純に楽しいです!

アプリ比較

それでは、実際にアプリを比較していきます。

MACDを表示した時の、チャート画面サイズ

勝者:【DMM FX】

僕は、期間の長いチャートが見たいので、表示枠の面積が広いと嬉しいです。MACDは見慣れているので、必要です。横画面で見るという選択肢も、試してみたました。残念ながら、画面の縦横切替で、両アプリともスケールが変わり、使いものになりません。

画像左:DMM FX スマートフォンアプリ、画像右:FXPLUS スマートフォンアプリ

比べないと違いは分かりません。でも、比較記事なので勝ち負けは決めていきます!

【Good】長期間のチャート【マネックスFX PLUS】画像は、比較画面の表示できる期間が短いDMM FXに合わせています。最新日から遡って、DMM FXは15年7月頃まで、マネックスは14年10月頃まで、週足で1画面に表示できます。「みのたけ」は中長期投資をするので、週足で、1画面により長期間の表示できると便利です

起動からレート画面までの、表示の速さ

勝者:【マネックスFX PLUS

DMM FXです。

起動すると、一瞬だけ読込画面が表示され、TOP画面になります。

次に、TOP画面のレートをクリックすると、レート画面です。

表示まで約3秒(クリック時間を含む)でした。

画像:DMM FX スマートフォンアプリ

マネックスFX PLUSです。

起動すると、一瞬だけ読込画面が表示され、レート画面になります。

表示まで約2秒でした。

画像:FXPLUS スマートフォンアプリ

「みのたけ」は、起動して最初の画面でレートが見たいです。それが好きで、マネックスFX PLUSを使い続けていると言っても過言ではありません。

人と話しているとき、相手に気づかれずに腕時計を見る感覚で見たい、というとニュアンスが伝わるでしょうか。

レートの、数字の大きさ

勝者:【マネックスFX PLUS

先にも書きましたが、ごく短時間で判別したいという要望が「みのたけ」にはあるので、大きければ大きい方が便利です。価格シフトのテクニックは使えないので、一度に1つの売買が見れれば事足ります。

画像左:FXPLUS スマートフォンアプリ、画像右:DMM FX スマートフォンアプリ

1.6mmしか違わないのですが、スマートフォンの画面で見ると、かなり差があるように感じます。不思議ですね。

数字に使用しているフォントは、おそらく同じです。懐が広く、視認性が良いと思います。

ちなみに、マネックスFX PLUSで表示ペア数を増やす場合、3ペアの次は6ペアです。6ペアの場合は、DMM FXの5ペアより数字の大きさが小さくなります。好みで選ぶ際のポイントの一つになると思います。

結果発表

1対2で、勝者【マネックスFX PLUS】

ですが、差はほぼありません。最も異なるのは、画面デザインです。

どちらにするか迷ったら、両方インストールして、デザインの好きな方を選ぶと良いかもしれません。

みのたけの感想

2社の取引ルールを確認していて、アプリ以外に大きな差があることが判りました。

取引通貨単位が、2社で異なります

DMM FXマネックスFX PLUS
取引単位 10,000通貨単位 1,000通貨以上、
1,000通貨単位

この差は、投資のスタイル・ストレスに影響が大きいと「みのたけ」は考えます。

資金が数100万の取引で10,000通貨単位だと、証拠金維持率の低下はかなり早くなります。つまり、かなり狙いすました売買、もしくはハイリスクを求められることを意味します。

自信は五分五分だけれど、ここでポジションを建てないと後悔しそう、そのようなときにで1,000通貨単位はとても嬉しい取引条件です。

また、例えば口座の現金が100万円の場合、1,000通貨の米ドル円取引なら、常識的な値動きでロスカットは発生しません。

「みのたけ」の最近のFX資金は約100万円。この資金で証拠金維持率を1,000%から600%程度に保つスタイルです。そして、細かく刻んでポジションを作ります。

投資スタイルを変えると、心理的ストレスで、ミスしがちです。10,000通貨単位は100万円以上の取引なので、1,000→10,000は確実にストレスが増えます。

慣れている1,000通貨単位から、10,000通貨単位のDMM FXに乗り換えるのは、僕にはかなりの勇気が必要です。

しばらく2つのアプリをつかってみて、判ったことは主に2つです。

  1. DMM FX のニュース速報ポップアップが素晴らしいこと
  2. 10,000通貨単位は手を出しづらいこと

とくに DMM FX のニュースは予想外の嬉しい発見でした。

最終的に「みのたけ」は、取引を FX PLUSでします。

申し訳ないですが、 DMM FX はアプリをインストールだけして、ニュース速報を見る、という使い方をすることにしました。

ご愛読、ありがとうございます!

参考まで、記事でとりあげたFX口座の公式WEBサイトのリンクを貼っておきます。

\ 無料で使えるWEBサービス! /
▼▼ 日本語対応の外国株チャート ▼▼

-投資入門
-,

Copyright© みのたけ投資のススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.